その業者は本当に大丈夫?不用品回収業者とのトラブルを避ける方法

全国の消費者センターに寄せられる不用品回収業者とのトラブルは2002年は141件から年々ごとに増加傾向にあります。

 

主なトラブルの事例

 

不用品処分のための豆知識 〜ホントにその業者で大丈夫?〜 町内でトラックでまわっている業者が無料で回収するとスピーカーで流していたので、依頼した。作業後に車に積んだ分の追加料金を請求された。
不用品処分のための豆知識 〜ホントにその業者で大丈夫?〜 パソコンを業者に2000円弱の代金を払い回収してもらったが、数日後、市道の脇に捨てられていた。※一部抜擢
不用品処分のための豆知識 〜ホントにその業者で大丈夫?〜 無料と言ってきたのに後から有料と知った。
不用品処分のための豆知識 〜ホントにその業者で大丈夫?〜 お金だけ払って道路脇に不法投棄されていた。

 

という事例が多いようです。

 

不用品処分のための豆知識 〜ホントにその業者で大丈夫?〜

いらなくなった不用品は全て無料で回収という言葉に騙されない。

自治体で回収しているのにもお金はかかります。
しかも、利益を出さないといけない一般業者が無料ということはありえません。
不用品を処分するには費用がかかるのです。

 

インターネットのクチコミサイトで人気の業者などの会社概要を確認をする。
都道府県公安委員会の許可番号。
産業廃棄物収集運搬許可番号。
一般廃棄物収集運搬業者番号が記載されているか確認しましょう。
不用品回収業者は上記の許可が必要になります。
悪徳業者はその番号でさえも偽って記載していることもあるのです。
産業廃棄物収集運搬許可番号が正式に登録されているか確かめるには環境庁のホームページで。
一般廃棄物収集運搬許可番号の確認は自治体のホームページで確認ができます。

 

必ず電話で見積もりをお願いする。
普通の業者であれば見積もりを作成します。もし、見積もりができない業者は断りましょう。
断る勇気も必要です。
もし、しつこく話を伸ばすようなことになれば業者の電話番号ややり取りをメモに記入して、消費者センターに報告、相談したりして対処してもらいましょう。

 

 


▼不用品回収業者▼
  • 粗大ごみ・不用品回収

  •