知っておくと安心!遺品整理のタイミングと方法

知っておくと安心!遺品整理のタイミングと方法

家族が亡くなるということは、とても辛く悲しいことです。

それ以上にエネルギーを使いますし、何かと費用がかかります。
最近、テレビで個人の遺品の扱いの方法を取り上げていました。
忘れがちな遺品整理のタイミングや方法についてみていきましょう。

 

遺品整理のタイミングは個々の自由で!

葬儀を済ませてから、遺品の整理に取り掛かる。49日の法要まではそのままにしていても、個々の自由です。
ただし、遺品が遺産として残っていると、法的手続きをしなければいけないので、期限が限られてしまいます。

 

1人で処分を決めない

葬儀、49日法要で故人の兄弟、親族が集まりやすい時に遺品をどうするのか、意見を聞いてみましょう。
もし、遺品に相続の対象になっている場合、勝手に処分することは出来ないのです。
専門家に第三者として同席してもらったりと、スムーズに話し合いができるような環境にしておきましょう。

 

不用品買取業者に依頼する

遺品整理を業者に依頼するケースが近年多くなってきています。
まずは、インターネットでのクチコミサイトで紹介されている業者や地域に溶け込んでいて営業実績が長い業者に電話で見積もりを取りましょう。
遺品であることを配慮してくれる業者を選ぶのであれば、スピード重視より丁寧かつ慎重に作業してくれる業者がオススメです。

 

49日法要を目安に!

49日法要が終わる次はお墓に納骨します。やっとひと段落する時期です。
この時期に遺品のことを考える人が多いのです。
遺品整理をするタイミングの目安としてはベストな時期ではないでしょうか。